社会福祉法人昭和村は、利用者の安全・安心を心がけた高齢者福祉施設となっております。

プライバシーポリシー

利用者のしあわせを願って!

社会福祉法人昭和村は、下記の項目について、利用者及び関係者の皆さんの「プライバシーポリシー」(個人情報保護)を遵守し、細心の注意を払って運営致します。
1. すべての利用者の尊厳と自由を守ることを約束し、自立を目指して積極的に支援致します。
2. 利用者及びご家族の個人に関する情報は、社会福祉法に定める職員の「守秘義務」の規律のもとで守ることを約束し、支援致します。
3. 利用者の介護及び支援に関する個人情報は、常にご本人及びご家族にすべて公開し、ご相談の上で決定して行くことを約束し、支援致します。
4. このパンフレットや昭和村だより、ホームページに掲載されている利用者等の写真は、ご本人及びご家族の了承を得られている方のみを掲載しています。
5. このパンフレットや昭和村だより、ホームページに掲載されている各関係者の写真及氏名等は、ご本人の了承を得られている方のみを掲載しています。
6. 当法人は、利用者へのお声掛けなどの「言葉遣い」に細心の注意を払います。
職員は、必ず利用者の「お名前」を呼んで声掛け致します。利用者にも職員の名前を呼んで頂き、お互いに楽しいふれあいの一時を過ごせることが、利用者への敬愛と考えています。
7. 当法人は、利用者の利用中、利用後に関わらず、個人情報の保持管理及び守秘義務を守ります。個人情報の書類等については、法定保存期間は管理厳守を実施し、保存期間を過ぎたものについては、管理者立会のもとシュレッター処分又はデータ破壊処分を行います。
利用者のしあわせを願って!!       社会福祉法人 昭和村
社会福祉法人昭和村が運営する社会福祉施設及び各事業所の利用者は、契約時に下記の「個人情報取り扱い注意事項」の内容についての取り決めを行っています。

個人情報取り扱い注意事項

利用者(以下「甲」という。)及びその親族から個人情報の取扱いを伴う事務若しくは業務を受託した社会福祉法人昭和村(以下「乙」という。)は、乙の運営する施設及び事業所での利用にあたっては、次の事項を遵守し、個人の権利利益を侵害することのないよう個人情報を適正に取り扱わなければならないものとする。
1. 秘密の保持
乙は、当該契約による業務に関して知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。この契約が終了し、又は解除された後においても同様とする。
2. 職務従事者への周知
乙は、その業務に従事する者に対し、在職中及び退職後においてもこの取引による業務に関して知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならないことなど、個人情報の保護に関して必要な事項の周知を図らなければならない。
3. 漏えい、減失及びき損の防止
乙は、当該契約による業務に係る個人情報の漏えい、減失及びき損の防止その他の個人情報の適正な管理のために必要な措置を講じなければならない。
4. 収集の制限
乙は、当該契約による業務を実施するために、個人情報を収集するときは、当該業務を処理するために必要な最小限の範囲内で、適法かつ公正な手段により行われなければならない。
5. 個人情報の目的外利用・提供の禁止
乙は、甲の指示又は承諾があるときを除き、当該契約による業務に関して知り得た個人情報を、当該業務を処理するため以外に利用し、又は第三者に提供してはならない。
6. 複写等の禁止
乙は、甲の指示又は承諾があるときを除き、当該契約による業務を処理するために甲から貸与された個人情報が記録された資料等を複写し、又は複製してはならない。
7. 再委託の禁止
乙は、当該契約による業務を処理するための個人情報を、自ら取り扱うものとし甲の指示又は承諾があるときを除き、第三者に取り扱わせてはならない。
8. 資料等の管理・保管等
乙は、当該契約による業務を処理するために甲から貸与され、又は乙が収集し、若しくは作成した個人情報が記録された資料等を、この業務が完了後は法定保存期間において適切な保管をし、保存期間が終了したものは適切かつ速やかに処分するものとする。ただし、甲が別に指示したときは、当該方法によるものとする。
9. 事故発生時における報告
乙は、当該個人情報取扱注意事項に違反する事態が生じ、又は生ずるおそれがあることを知ったときは、速やかに甲に報告し、甲の指示に従うものとする。
契約による業務が終了し、又は解除された後においても同様とする。
業務に従事する者が在職中及び退職後において、取引・業務に関して知り得た個人情報を第三者に提供したり、盗用したりした場合は、個人情報保護法の規定により罰する場合があります。
上へ戻る